明治維新により東京遷都がされると京都は衰退する。そのために産業振興として琵琶湖疏水が計画された。
その水路を利用して水力発電を起こし、その電力で路面電車を走ら相との計画が持ち上がり、明治27年(1894)2月に京都電気鉄道が設立されるのである。

01市電発祥の地mid
明治28年(1895)2月に日本初の路面電車を、東洞院塩小路下ルと伏見下油掛の間(伏見線:6.4Km)ひ走らせるのである。
4月に、蹴上と岡崎の間(鴨東線)の間を、その後も市内の路線を次々と開業させ、9月に京都駅前と北野の間(北野線(堀川線))を開通させ、明治37年(1904)8月に勧進橋と稲荷の間(稲荷線)を開業、明治45年(1912)5月に最後の開業となる堀川御池と二条駅前の間(御池線)を開業させる。

02京都市電mid
京都電気鉄道が路面電車を走らせて後に、京都市も路面電車を走らせる計画を立てるのである。
明治45年(1912)から京都市内の碁盤目に沿うようにして路線を広げてゆき、京都電気鉄道と競合するようになってくる。
当時はお上に逆らうのもままならず、大正7年(1918)7月に京都電気鉄道は京都市に買収:合併されるのである。
合併後は京都電気鉄道が狭軌の1,067mm、一方京都市電が広軌の1,435mmと線路の幅が違うことから、京都電気鉄道の路線の多くは廃止となるのだが、伏見線、鴨東線と稲荷線の路線は線路幅を広軌にし存続される。
そしてもう一つ北野線(堀川線)も残るのだが、この路線は狭軌のままで車両も京都電気鉄道のものを使用し、狭軌のnarrowの頭文字をから「N電」と呼ばれるようになる。

03北野線(1)mid 04北野線(2)mid
しかし昭和30年代になると、市電と競合するバス路線が増えると共に自動車の普及が進み、市電の軌道内を車が走行出来るようにしたことから、電車の運転が妨げられ定時運行が難しくなり、さらに時代の流れには逆らえず、昭和36年(1961)に、京都電気鉄道の名残を残す北野線(堀川線)が廃止されるのである。
今、上京区今出川通御前東南角の北野線終着付近に北野線記念碑が建てられている。
碑文には
『北野線(京都駅北野間)は明治二十八年九月二十四日京都電気鉄道により開通昭和三十六年七月三十一日の廃止まで日本最古の電車の面影を伝えて活躍した。』
出典:【京都市電北野線記念碑の碑文】より
さらに昭和45年(1970)日本初の路面電車が走った伏見線や稲荷線が廃止され、昭和53年(1978)9月30日に、残るすべての路線が廃止され、京都の路面電車の歴史に幕が下ろされるのである。

05中書島mid
京阪中書島の駅前に駒札が建っていた。それによると、ここが日本最初の市電が通った所で、塩小路高倉から油掛町だったのを延伸して、中書島が終点となる。
駒札によれば、
『我が国最古の電車路線であった伏見線(塩小路高倉~中書島間)7.1Kmと、稲荷線(勧進橋~稲荷間)0.7Kmは、昭和45年3月31日限りをもって廃止した。
伏見線の歴史は長く、最初は京都電気鉄道株式会社の手によって、塩小路東洞院~油掛町間が、明治28年2月1日に日本初の路面電車として開通し、大正3年3月31日と同年8月25日に延長部分が開通して、中書島に達した。
一方の稲荷線は、明治38年8月4日に開通したが、両線とも大正7年7月1日に京都市が買収し、大正12年6月26日から、狭軌から広軌に変更して運転した。
この路線は、由緒ある路線だけに専用軌道区間が酒蔵の並ぶ風格のある街並を走っていて人気があった。』
                  出典:【日本最初の市電・中書島駅の駒札】より

京阪電車中書島駅(京都市伏見区葭島矢倉町59)
京都駅から
▼「C4」乗り場から81系統で『中書島』下車(所要30~35分)
「中書島」からすぐ