上七軒でバスを降り、七本松通を北に歩くと「大報恩寺」がある。

01大報恩寺mid
大報恩寺は山号を「瑞応山」と言い、真言宗智山派の寺院で、承久3年(1221)藤原秀衡の孫、義空上人が、猫間中納言光隆の家卒、岸高より寄進を受けたこの地に、小堂を建て一仏十弟子像を安置したのが当寺の起りといわれている。
本尊が釈迦如来であることから、通称釈迦堂といい、嵯峨の釈迦堂と区別するために、千本釈迦堂と呼ばれている。
千本釈迦堂の名は、行快作の本尊が釈迦如来坐像であり、近くに千本通が通っていることや、千本の卒塔婆(そとば:お墓の後ろに立てる板)が通りに立てられていた、また千本の松並木があったなど、諸説ある。
創建当時は、倶舎、天台、真言の三宗の霊場として多くの堂塔伽藍があったが、応仁の乱や度々の火災でその殆どが焼失してしまったのだが、唯一、応仁の乱でも焼けなかった本堂(釈迦堂)は、本市に現存する最古の仏堂遺構で、国宝に指定されている。
堂内には、行快作の本尊釈迦如来坐像を安置、また霊宝殿内には快慶作の十大弟子像をはじめ、六観音菩薩像、千手観音立像、銅像釈迦誕生仏立像など数多くの文化財を所蔵している。
また、毎年、二月にはおかめ福節分会、七月には陶器供養、八月には六道まいり、十二月には大根焚きなど多彩な行事が営まれ、多くの人々で賑わう。』
                     参照:【大法恩寺(千本釈迦堂)の駒札】

02経王堂mid
駒札には、
『このお堂は、明徳2年(1391)十一ケ国の大領主陸奥大守・山名氏清が将軍家に叛いて兵をあげたが(明徳の乱)、逆に足利義満により内野の原に於いて討滅せしめられた。
将軍義満はその翌年、叛いたとは言え、かっての功労武勲を思い氏清とその一族、あるいは戦に倒れた敵、味方の兵士の追福のため、壱千百人の僧侶を集めて供養せしめ、引続き応永8年(1401)に北野社の社頭に、東山三十三間堂の倍半という大堂を建立し「北野経王堂願成就寺」と名付け毎年10月、10日間に亘って万部経会、並びに経典書写などの仏事を行ない供養した。
この行事は「北野経会」と呼ばれ、京洛の最大行事となり、代々の幕府によって踏襲された。
なお、応永期には大部の経典「北野社一切経五千五百余巻」(重要文化財)を書写奉納せしめた。
この大堂も江戸期に入り荒廃甚しく遂に寛文11年(1671)に解体縮小されて小堂となり、仏像並、一切経五千余巻、義満筆「経王堂額」什宝遺品の一部が本寺である当山に移され現在霊宝殿(収蔵庫)に保存されている。(重要文化財)
又、解体された遺構の木材は当山に運ばれ復元、縮小されたのがこのお堂である。
堂の右前に、山名氏清の碑が建てられている。』
                     出典:【北野経王堂願成就寺の駒札】より

03おかめさんmid
千本釈迦堂の境内には、もう一つ有名な阿亀(おかめと読む)さんの塚がある。
この阿亀さんの像を見て、ふっくらとした顔立ちのお多福に似ているのだが、実際にはどうだったのか、あまりにもお多福に似ている。
もしかしたら、お多福の元はこの阿亀さんなのか、それともお多福を真似て阿亀さんの顔をイメージしたのだろうか。
決して美人とはいえない顔立ちだが、そこはかとなく、はんなりとした雰囲気を持っている人ではある。現在でも合コンなどでは人気物でもてた人だったであろうことは、想像に難くない。
この阿亀さんは、大工の棟梁で千本釈迦堂の造営にあたり、総棟梁として選ばれた長井飛騨守高次の妻で、この高次が一本の柱を短く切ってしまい心優していたところ、阿亀さんが斗栱(ますぐみ)をしたらと助言をしたことによって、安貞元年(1227)12月26日に無事上棟式を向かえることが出来たが、これより前に阿亀は女の助言で事が成ったと世間に知られたらと、自らその命を絶ってしまったのである。
夫、高次はその死を悲しみ、阿亀の名にちなんだ福面を御幣につけて飾り、妻の冥福と本堂の完成を祈ったといわれ、この阿亀の話を聞いた人達が、阿亀の菩提を弔うために、釈迦堂の境内に宝筐院搭を建て、誰いうともなくこの搭をおかめ塚と呼ぶようになった。
その隣には、昭和54年(1979)におかめの像が建立された。また春には本堂の前に、阿亀桜と名付けられた、枝垂れ桜があり春にはその枝に一杯の花をつけ、春の華やいだ雰囲気を写しだしている。

千本釈迦堂(大報恩寺)
京都市上京区七本松通今出川上る
京都駅から、
市バス、B2乗り場から「50」系統で「上七軒」下車、七本松通上る徒歩5分