京ことばで「おいでやす」と「おこしやす」という言い方がある。
大阪弁でも同じ言い方があり、その意味は、ほぼ同じなのだが、大阪弁の方が親しみがあるというか、商売っ気が見え見えである。
この言葉はもともとは京ことばで、京都ではこの二つを客によって使い分けているのである。

01鴨川mid
どちらも意味は「いらっしゃい」なのだが、それぞれの言葉のニュアンスはどう違うのかというと、
まず「おいでやす」だが、これは一般のお客さん、いわゆる一見さんに使う言葉であり、「おいでやす」は「お出で」で、ぶらりと町に出て店に立ち寄った客にかける言葉である。

02甘春堂mid
一方「おこしやす」は「お越し」であり、わざわざ店に出向いてくださった客に対してかける言葉で、「一見さんお断り」の店では「おこしやす」であり、絶対「おいでやす」とは言わないのである。
「おいでやす」や「おこしやす」は、やはり着物姿の女の人が、京ことば独特の訛りで言ってもらうのがとおもうのだが、大阪で男性から「おいでやす」と言われても何の違和感もなく受け入れられるのは何故だろうか。
自分などは「おいでyす」の店には行けても、「おこしやす」の店には中々行けないでいる。